DEN
山形の心と形かたちを世界に。
地域産業のイノベーションを創り出します。

| DEN Home | 最新情報 | デザイン相談 | デザイン依頼 | 会員紹介 | 山形デザインハウスへ |


Google サイト内検索
山形デザインハウス 内を検索 山形県デザインネットワーク 内を検索

でざいんナビ検索

*フリーキーワードを入れて下さい。
最新情報

●サクラマス展2011のご案内(2011/5/28-6/29)
詳細はサクラマス展のホームページから


山形県デザインネットワークでは山形デザイン情報収集・発信事業「山形デザイン発掘キャラバン」を
山形県の委託を受けて実施いたしました。




山形デザインハウスはこちらから

 山形デザインハウスは、會田雄亮氏を館長に、山形県民に有名アーティストやデザイナーによる優れたデザインの紹介を通し、新しい文化の創造と提案を通しデザインマインド豊かな社会をつくる目的で設立しました。
山形デザインハウスでは、各種デザイン作品や工芸品の展示会などの開催を通じ、山形県民の文化・芸術活動の振興を図るとともに山形県内の地場産業に対するデザイン開発支援、及びデザイナーの保護等の活動を通してデザイナーや制作者と市民とのパートナーシップをつくりだす取組みを行ないます。
山形デザインハウス


NPO法人山形県デザインネットワーク

 山形県デザインネットワーク(DEN)は、山形県内のデザイナーやデザイン関係企業の交流と企画研究、連携支援を目的に平成2年2月に設立した団体です。
2003年、会員の専門的で優れた能力と人材を、社会のために役立たせるべく非営利特定活動法人山形県デザインネットワークとして生まれ変わりました。

山形県デザインネットワークとは‥

  NPO法人山形県デザインネットワーク(DEN)は、県内デザイナー及びデザイン関連企業等、正会員、法人会員、賛助会員合わせて140名の団体であります。DENの活動は、地域におけるデザイナーやデザイン業の交流と自立を目的として2年ごとの会員展、会員交流・研修セミナー活動、デザイン開発・研究事業、デザイン教育の研究会、さらに優れた工芸品や工業製品を展示販売する山形デザインハウス事業等を行なっています。

  DENの設立は、デザインイヤー(1990年)に山形県の指導もありまして家具、クラフト、建築等のデザイン関連3団体がデザイン提案展を共同開催したことが契機としてスタートしました。「デザイン」を通して、山形県内の地場産業や物づくりを行う業界を横断的につなげる組織として活動をしてきました。

  しかし、会員の立場は、個人、法人の設計・デザイン会社、企業内のデザイン関係者、鋳物・焼き物・ファッションなど自分で物つくりをしている人など立場も様々で、これまでは、「デザインを通じての異業種交流会」的活動内容でしたが、山形デザインハウスの設立を契機として「地域とデザイン」をテーマとした地域密着型のデザイン活動を行動指針として打ち出すこととなりました。これも會田雄亮山形デザインハウス館長の指導によるところではないかと思います。

  地域におけるデザインの役割と産業の関係は、テクノロジーとデザインを車に例えるなら両輪の関係であり、どちらか一方が欠けても車はまっすぐ進めません。山形県の産業が世界に情報を発信し製品を送り届けるには、地域でデザインに関わる関係者が密接に連携し特異な活動が必要となります。この意味では地域に貢献するデザイナーが地域にどれだけいるかということになりますが、その点でDENのこれまでの活動は意味深いものだと認識しています。

  デザインの役割は、従来の物づくり周辺のデザインワークだけでなく、情報化時代を迎えすます多様化しており、マーケッティングや情報コミュニケーションなどの分野まで広がってきました。こういう中で平成15年3月に優れたデザイン製品の展示施設として「山形デザインハウス」が山形市七日町にオープンしました。これは長年のDENによる活動と會田雄亮山形デザインハウス館長の活動が合流した結果でもあります。山形デザインハウスは山形県のデザイン振興とデザイン情報発信の拠点施設と同時に、県民と作り手が交流を広げる場でもあります。

  いずれにしても、山形デザインハウスが山形県を代表するデザイン活動と交流の拠点であり、産業界とデザイナーの積極的な出合いの場であるとすれば、このことが山形県における伝統的文化の継承や産業振興に深く関係し、工芸やデザインのカテゴリーにこだわらない幅広い連携の輪をつくり、県民とのパートナーシップをつくること、DENの活動の使命といえます。

 山形県民の皆様の参加、支援を強くお願いするものであります。







活動内容と沿革

1990 2月、設立総会・発足
国際デザインコンペション‘90山形
山形デザインビエンナーレ
「山形のデザイン」プロモーションビデオ製作
会誌「DEN」NO.1の発行

1991 山形デザインビエンナーレ開催/長井市、酒田市、山形市、新庄市
デザインサタデー/山形市、金山町

1992 宮城県産業デザイン交流協議会(MEDIC)との交流会
デザインサタデー/米沢市、金山町
デザインセミナー開催

1993 「山形デザインアトラス」発刊
デザインサタデー/朝日町、最上町、鶴岡市
産学交流会開催

1994 東北芸術工科大学との交流会
宮城県産業デザイン交流協議会(MEDIC)との交流会
デザインサタデー/櫛引町、酒田市、高畠町
ゴミ問題シンポジウム

1995 国際デザインフェアINみやぎ参加
東北芸術工科大学交流セミナー
デザインサタデー/山形市、鶴岡市

1996 第3回山形デザインビエンナーレ開催
尾花沢市公共サイン計画の調査策定事業
デザインサタデー/米沢市、庄内

1997 カラープランニングセミナー
デザインワークショップ
デザインサタデー/新潟・三条
MEDICとの交流会

1998 東日本デザイン団体会議第1回準備会
東日本デザイン団体会議第1回大会参加、MEDICとの交流会
デザイン業に関する実態調査
デザインサタデー/岩手・大野村

1999 東日本デザイン団体会議第2回準備会
東日本デザイン団体会議第2回大会開催
デザインサタデー/福島・会津若松

2000 DEN10周年記念講演/柳宗理氏 鶴岡
デザインビェンナーレ「“いいもの21”」
デザインサタデー/新庄市、鶴岡市
SADECO(埼玉デザイン協議会)との交流会

2001 デザイン交流サイト「でざいんナビ」開設
デザインサタデー/鶴岡市

2002 東日本デザイン団体会議第3回大会/新潟
NPO法人への組織変更

2003 山形デザインハウスオープン
山形デザインハウス
山形市七日町「ほっとなる広場」モニュメント製作(七日町商店街振興組合委託)
山形県スポーツ賞メダルデザイン製作
山形県スローライフデザイン研究会
2004 山形デザインハウスオープン1周年 来館者数10,000人突破。
山形県物産ガイドリニューアル(山形県観光振興課委託)
伊勢丹松戸店など展示会出展
「やまがたプラザゆとり都」に出店
寒河江市市制50周年記念モニュメント製作(寒河江市委託)
2005 花笠まつりに出店(旧観光物産館内)
DEN15周年記念事業「芳武茂介展」
デザインサタデー/米沢市
2006

DEN15周年記念講演会
會田雄亮館長「山形デザインハウスの将来像」
山形県スポーツ賞メダル追加受託

2007

企画部会「ハプニング・プロジェクト」
交流部会「ミニ講演会+デザインサタデー」
広報部会 DEN15号発行>
情報部会 新体制にてネットショッピングサイト設立

以後、最新の活動はこちら→最新情報

 



山形デザインネットワーク構成図



正式名称 :特定非営利活動法人 山形県デザインネットワーク
設立   :1990年2月(2003年1月NPO法人化)
事務局  :「山形デザインハウス」内
     〒990-0042 山形県山形市七日町2丁目7番10号ナナビーンズ2F
電話   :023-615-7118
ファックス:023-615-7119
代表メール:info@ydn.or.jp
理事長  :早坂 功(東北芸術工科大学)
      http://www.tuad.ac.jp/
事業内容 :
わたしたち山形デザインネットワークは新しいものづくりを応援します

わたしたちは、様々な分野で活躍するデザイナーや専門家の集団です。
商品企画から販売までトータルにサポートするデザイン開発を行ないます。

  1. 優れた職人技術を持った地場産業のコラボレーションと
    創造性に富んだデザイナーの共同によるものづくりを支援します。
  2. デザインという新しい付加価値を付けることで。
    地場産業を高付加価値型産業に変える手伝いを行ないます。
  3. 伝統と革新の融合から新たな付加価値を生み出し、
    世界に通じる山形ブランドを作ります。


*詳しい資料、入会希望の方は、事務局info@ydn.or.jpまでお気軽にお問い合わせ下さい。


山形デザインネットワーク・会員情報

最新の詳細など会員、組織情報は「でざいんナビ」を御覧下さい。
でざいんナビ・会員情報のページ

2007/6/1現在



| DEN Home | 最新情報 | デザイン相談 | デザイン依頼 | 会員紹介 | 山形デザインハウスへ |


特定非営利活動法人 山形県デザインネットワーク
〒990-0042 山形県山形市七日町2丁目7番10号ナナビーンズ2F
phone 023-615-7118 fax 023-615-7119 E-mail: info@ydn.or.jp
http://www.ydn.or.jp